App

Appとは

Appとは、コンテンツやコンテンツの管理者を、その関連度の高さを元にひとまとまりにした「コンテンツ管理のユニット」です。Appによってコンテンツ管理に関わる人やデータを適切な粒度にグループ化していくことで、コンテンツ管理における効率性やコラボレーション性が向上します。

Appを構成するリソース

Appは大きく分けて モデルビューコンテンツ という3つのリソースから構成され、1つのAppには複数のモデルとビューを登録することができます。
これらを組み合わせることによって、1つのコンテンツ管理の塊を作ることができます。

app.png

Appメンバー

Appに参加しているメンバーのことをAppメンバーと呼びます。
ワークスペースのメンバーのうち、当該Appに関わりのあるメンバーが自らAppに参加するか、Appメンバーから追加されることによって、Appメンバーとなることができます。
Appメンバーとなることにより、Appロールの権限設定に従って、そのApp内でのコンテンツ編集やApp設定といった操作を行うことができるようになります。

Appにメンバーを招待する

  1. 招待したいApp画面の右上「メンバーを招待」をクリックします
  2. 招待したいユーザーのメールアドレスを入力して招待ボタンをクリックします

Appに参加/退出する

  1. 「Appを追加」をクリックします
  2. 「すべてのAppを表示」をクリックします
  3. 該当Appの「参加/退出」をクリックします

Appロール

Appロールを作成しAppメンバーに付与することにより、Appメンバーの操作に任意の制限を加えることができます。

Appロールを作成し、Appメンバーに付与する

  1. App設定 > Appロール を開きます
  2. 「新規ロールを作成」をクリックします
  3. 各項目を入力して「保存」をクリックします
  4. App画面に戻ります
  5. 右上メンバーアイコンをクリックします
  6. セレクトボックスから付与したい権限を選択します

Appの公開ステータス

Appには 公開非公開 の2つの公開ステータスがあります。
公開ステータスが 公開 のAppは、ワークスペースの全てのメンバーが閲覧、参加することができます。Appはデフォルトで公開状態で作成されます。
公開ステータスを 非公開 に設定することで、Appに参加していないメンバーがAppを閲覧、参加できないようにすることができます。
※ワークスペースの管理者権限を持つメンバーを除く
※Appの非公開設定にはProfessionalプラン以上が必要になります

公開ステータスを変更する

  1. App設定 > 一般 を開きます
  2. 「公開ステータス」のセレクトボックスを変更します

デフォルトのAppロール

Appへの参加にデフォルトで設定されるAppロールをあらかじめ決定しておくことができます。Appに他メンバーを追加する際は、デフォルトのAppロールよりも弱い権限を持ったAppロールを指定することはできません。

デフォルトのAppロールを変更する

  1. App設定 > 一般 を開きます
  2. 「初期Appロール」のセレクトボックスを変更します

Appの複製

Appに登録されているモデル、ビュー、コンテンツを複製して、新たなAppを作成します。(※画像等のメディアは複製されません)
既存のAppと似たAppを作りたいケースや、開発環境と本番環境でAppを切り替えたいケースなどでご利用いただけます。

app.jpg

Newt Made in Newt