• ガイド
  • イントロダクション

クイックスタート

以下のガイドでは、Appテンプレートを利用した、Newtでのコンテンツ管理を紹介します。
Appの追加から、APIでの取得まで順を追って説明します。

ステップ1: Appを追加する

「Appを追加」から「Appテンプレート」を選択します。
表示されるテンプレートの中から「Blog」を選択して、「このテンプレートを追加」をクリックします。

Appを追加するAppテンプレート

テンプレートが追加されると、「投稿データ」「カテゴリデータ」「著者データ」が追加されます。

blog_app.png

ステップ2: APIでデータを取得する

※ ここからはエンジニアの方向けの内容となります。
続いて、コンテンツをAPI経由で取得します。ここではステップ1で追加した「投稿データ」を取得してみましょう。
APIのエンドポイントは以下のようになっているため、まずスペースUIDを確認します。

https://{spaceUid}.cdn.newt.so/v1/{appUid}/{modelUid}

スペースUIDは「スペース設定」から確認できます。

ブログAppブログApp

上記の例だと、スペースUIDは sample-for-docs となります。
「Blog」テンプレートを追加した場合、App UIDは blog、「投稿データ」モデルUIDは article となるため、スペースUIDが sample-for-docs の場合は、エンドポイントは https://sample-for-docs.cdn.newt.so/v1/blog/article となります。

続いて、APIリクエストに必要なトークンを発行しましょう。
「スペース設定」から「APIキー」を選択して、Newt CDN APIのトークンを作成します。

Newt CDN APIのトークンを作成準備が終わったら、curlコマンドを利用してリクエストを送ってみましょう。

curl -H "Authorization: Bearer {YOUR_TOKEN}" \
  -X GET "https://{spaceUid}.cdn.newt.so/v1/{appUid}/{modelUid}"

この例の場合だと、以下のようなリクエストとなります。

curl -H "Authorization: Bearer kp7szZL_J9hDgrJ93OBS87MlTdkAzRofz2-ptMfiDec" \
  -X GET "https://sample-for-docs.cdn.newt.so/v1/blog/article"

以下のようなレスポンスが返ってくれば成功です!

{
  "skip": 0,
  "limit": 100,
  "total": 3,
  "items": [
    {
      "_id": "61a81914c2e08900180c8b72",
      "_sys": {
        "model": "61a72b706a92970018736154",
        "owner": "61974a0112d75b0018cb97be",
        "raw": {
          "createdAt": "2021-12-02T00:53:40.048Z",
          "firstPublishedAt": "2021-12-02T00:53:40.048Z",
          "publishedAt": "2021-12-02T05:20:25.318Z",
          "updatedAt": "2021-12-08T15:25:43.845Z"
        },
        "createdAt": "2021-12-02T00:53:40.048Z",
        "updatedAt": "2021-12-02T05:20:25.318Z"
      },
      "title": "Fictitiousをクイックにスタートする方法",
      "slug": "article-3",
      "categories": [...],
      ...
    },
    ...
  ]
}
Newt Made in Newt